ビジネスの課題をやっつけろ!

ビジネスバスターズ

Catch bowlの機能や特徴、メリット・デメリット、評判まとめ

「内定辞退の理由を分析して、翌年度以降の採用活動につなげたい」
「メールで選考の案内を送っているが、返信率が悪い」

新卒採用を中心とした採用活動を行なっていると、このような課題に悩む人は多いでしょう。

上記のような課題は、内定辞退の分析や、連絡時に返信率を高める工夫をしている採用管理システムを選べていないことが原因です。それに対しCatch bowlは一言でいうと、LINEを活用して返信率の向上や辞退防止に繋げることができる採用管理システムです。

Catch bowlはLINEを使った応募者との連絡機能やQRコードを活用した受付機能、LINEのアンケートを活用した内定辞退の原因を分析する機能が備わっており、これらを活用して採用活動を成功に導いていきます。

ここでは機能やメリット・デメリット、評判についてご紹介していきます。

Catch bowlとは。価格や機能について

Catch bowlは株式会社カケハシスカイソリューションズが提供する採用管理システムです。カケハシスカイソリューションズは学生が留学やプログラミング、特技など、自分が得意な事をPRできる求人サイト「ミートボウル」の運営や麻雀大会で優勝した学生に内定を出す「麻雀採用」など、新卒採用向けに特徴的なサービスを提供している企業です。
Catch bowlは、多様な企業の採用ニーズに対応してきたカケハシスカイソリューションズの採用ノウハウを投入して開発された採用管理システムです。

サービス名 Catch bowl
運営会社 株式会社カケハシスカイソリューションズ
採用ページ作成
応募者管理
外部求人サイトからのデータ取り込み
選考管理
エージェント管理 ×
採用レポート作成
タイプ クラウド型
費用 月額5万円~

採用ページ作成

標準で採用ページを作成する機能は搭載されていませんが、カケハシスカイソリューションズから提供されている無料の採用サイト作成ツール「MEET SOURCE」を利用すると採用ページを作成することができます。
募集が1職種1勤務地の場合は無料プランが利用できますが、募集職種が5職種を超える場合は月額2万円のベーシックプランを利用する必要があります。

応募者管理

Catch bowlはLINEを使ったメッセージのやり取りが可能です。また説明会や面接の受付時にQRコードで読み取るだけで出席登録が完了します。読み取ったデータは自動的にCatch bowlに反映されるので、説明会後に参加者のチェックを行う手間を省くことができます。

外部求人サイトからのデータ取り込み

CSV形式で出力した応募者データの一覧を一括でCatch bowlに取り込むことが可能です。また「リクナビ」や「マイナビ」「パッションナビ」など提携している外部求人サイトの自社ページに応募した応募者のデータを自動でCatch bowlに登録することができます。

選考管理

選考フローの設定や応募者への面接の案内、選考の評価が簡単に入力できます。また選考フローとスケジュールに合わせて自動で「本日のタスク」が表示され、メッセージを送る対象や未返信の応募者の件数などが一覧で表示されます。「本日のタスク」を活用して、作業の抜け漏れを防いでいきます。

エージェント管理

Catch bowlには人材紹介会社のエージェントを管理する機能は搭載されていません。ただし、ユーザーによって閲覧・更新の設定を変えることが可能です。
エージェント向けにアカウントを発行し、閲覧可能な求人や応募者データの範囲を設定することで、同等の機能を持たせることが可能です。

採用レポート作成

説明会や面接の予約率と参加率、内定率や内定辞退率などの全体レポートから面接官ごとの合格率、求人サイトごとの採用単価の算出など、様々な観点からレポートを作成することが可能です。

また内定辞退が発生した場合にアンケートを取ることができるので、アンケート結果による辞退理由の分析も可能です。

費用

費用は月額5万円から利用可能です。ただし有料版の採用ページを利用する場合には別途で月額2万円が必要となるなど、オプション機能を利用する場合には費用が上昇します。
14日間の無料トライアルが利用可能なので、実際に使用感を確認して導入を検討することが可能です。

Catch bowlの登録、使い方

Catch bowlを利用する場合は申し込み画面で必要情報を入力し、営業担当からIDとパスワードが発行されるのを待ちます。その後、初期パスワードとログイン画面のURLが送付されるので、ログインして利用します。

Catch bowlのメリット

タレントプール機能を実装

タレントプール機能とは、企業に応募したものの選考を受けなかった応募者のデータを保管しておく機能です。リファラル採用(社員の紹介や推薦によって人材を採用する手法)では一般的な機能ですが、新卒向けの採用管理システムは採用年度が変わると応募者の情報が全て消去されるのが一般的です。しかしタレントプールを利用することで、自社に興味のある若手社会人のデータベースを構築することが可能です。
第二新卒や転職者採用を行なっている場合、タレントプール機能があることは大きなメリットになります。

内定辞退の理由が分析できる

中途採用に比べ、新卒採用の内定辞退の発生率は高く、株式会社マイナビの2018年卒業の学生向けの調査では内定辞退率が3割を超える企業が53%と半数以上にのぼることが明らかになりました。

内定理由の分析が企業の大きな課題となる中で、Catch bowlは内定辞退者に所定のフォーマットによって辞退理由をヒアリングすることができます。
回答は自動的にグラフ化されるので、辞退理由の分析に役立ちます。

Catch bowlのデメリット

マイページ機能がない

Catch bowlには応募者がログインしてエントリーシートや履歴書などを提出したり、説明会や面接のスケジュールを予約するためのマイページ機能が搭載されていません。エントリーシートや資料の提出を求める場合には、メール等でやり取りする必要があるので、選考フローに書類選考が含まれている企業にとってはデメリットとなります。

SNSを活用した採用活動には向いていない

近年の採用管理システムは求人を登録すると自動的にSNSで投稿したり、SNS上で求人が拡散しやすいようにシェア用のボタンがついているケースが増えてきました。しかしCatch bowlにはそのような機能は搭載されていないので、SNSを活用した採用活動には向いていないといえるでしょう。

Catch bowlをおすすめできる(できない)企業

  • 第二新卒や若手転職者を積極採用している
  • 採用人数が比較的少なく、書類選考を行わない
  • 内定辞退の分析が十分でない

このような企業だと考えます。
逆に採用人数が多く、書類選考や内定者フォローが必要な場合には向いていないでしょう。

冒頭でお伝えしたとおり、Catch bowlを使うことでLINEを活用して返信率の向上や辞退防止、辞退理由の分析を行うことができます。少人数の採用で、応募者とコミュニケーションを密にとって採用活動を進めていきたい方には向いているサービスといえるでしょう。

-未分類

Copyright© ビジネスバスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.