ビジネスの課題をやっつけろ!

ビジネスバスターズ

優秀な人材を採用するのが難しい理由

「優秀な人材がほしいけど全然集まらない」
「面談数はこなしてるのに欲しい人がいない」

転職・副業が当たり前になった今の時代、人を採用する事自体は以前より楽になったと思います。

が、「優秀な人」を探して採用することは難しくなったと感じます。それは

  • 個人で活動、情報発信、稼ぐ人(=優秀な人)が増え一般の企業を見る目が肥えた
  • 逆に会社はSNSなどで本当に魅力ある組織なのか見えやすくなった(化けの皮が剥がれた)
  • 優秀な人の価値が上がり、ヘッドハンティングが増えた

からです。

そもそも優秀な人は通常の採用ルートに現れない

1番の問題がコレです。優秀な人は自分を発信することができる、決めることができるので

  • 一般の採用ルートにのる前に自分から応募→入社決定する
  • 優秀なので前社orやめた直後にスカウトされる→次の会社決定する
  • 自分で起業してしまう

リクナビなど一般の採用サイトに登録する前に次の道が決まるケースが多いです。

でも採用したい企業は優秀な人を捕まえるルート、情報網が無いので一般の転職サイトサービスを使うしか無い→結果優秀な人がそもそもいない、ということになります。

逆に魅力ある組織、会社の場合、SNSの情報発信(会社自体と人事担当社員本人のアカウント両方)をやっていたり、業務以外の交流の幅が広いため採用サイト無しで優秀な人とつながることができます。でそこから引き抜ける。

今後はこの企業(人事担当)が採用・転職サイト抜きにして直接引き抜く、あるいは知り合いに合う人を紹介してもらう、という流れが加速すると思います。

自社が優秀な人材が応募するほど魅力でない

で一般の採用・転職サイトにも優秀な人がいるかと言われたらもちろんいます。

が、難しいのは採用・転職サイトの基本って

応募者→企業

に対して申し込むのであって企業から応募者にアプローチかけるケースがほとんどないということ。一言でいうと「受け身」なのです。

一見すると採用の合否権は人事にあり、企業の方が選べる側にあるように思えます。が、それは転職先に困る一般の人の場合だけであって、実際は逆です。

優秀な人の場合選べる権利は優秀な人にあります。企業に魅力がなければ優秀な人からは無視されます。

優秀な人は情報網が広いので同じ業界であれば会社毎の特徴、魅力(給与、社風)は結構分かるものです。

魅力ある組織なら選ばれますが、そもそも魅力ある組織、会社は採用・転職サイト以外で人を探せる流通網を持っていることが多い、つまり選ばれる前に会社から選ぶ(スカウト)側にまわるケースが多いです。

本当に優秀な人材かはその仕事をさせてみないと分からない

自分の会社にエントリー・面接に来た人が実際どういう人かは実際に働いてもらわないと分からないです。新卒・中途採用関わらず、です。

採用側は応募者のプロフィールを見ますがそもそも応募者は自身のスキルを正確に表現、また全部書き出すことはできません。

資格のようなあるorなしで客観性が測れるものを見ることは可能です。が、スキルレベルを判断することは難しい。

また人間性(協調性、リーダーシップ、責任感、コミュニケーション能力など)は組織として重要視するところですが、これもプロフィールや面談だけで図ることはもっと難しいです。

例えばWebメディアを作りたい。なのでランサーズなどクラウドソーシングサービスでライターを探して記事を書いてもらおう、と考えます。

で企業としては

  • 依頼内容→不動産リフォーム(特に外壁塗装関連)でユーザの役に立つ記事作成
  • 必要なスキル→不動産ジャンルの経験、SEOに関する知識など
  • 応募した理由を書いてください

といった具合に募集をかけます。すると自称「不動産に詳しくてライターできます!」という人が10人くらい応募してきます。

が、この方たちにテストライティングで記事を書いてもらうと

まず9割型望む記事は上がってきません

本当に希望するレベルの人が来ないのです。企業は求めるレベルを言語化せずに持っていることが多く「実はこの部分は外せないなー」と思っている部分があるからです。

一方応募者は自分が本当に持っているスキルレベルを正確に表現できません。企業の募集要項に「自分はあっているはずだ」と思うのですが実際企業からみたら

コレジャナイ

となります。

ここの不一致をなくすには

  • インターンのように特定期間(1週間~1ヶ月)試験的採用して能力を見る
  • 自社と応募者、両方の望むもの、実力を知る人に仲介してもらう

のどちらかでないと対応できないと思います。

今後優秀な人材を採用する方法は2つ

今後会社の経営はシビアになります。赤字ならいかに企業を立て直せる組織を作り人材を集められるかがポイントになるはずです。

そうなると

  • 採用・転職サイト以外で直接スカウトできる仕組みを持つ
  • 直接スカウトできる人(組織)に優秀な人を紹介してもらう

のが当たり前になるでしょう。

-人事関連

Copyright© ビジネスバスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.