ビジネスの課題をやっつけろ!

ビジネスバスターズ

GLOVER Refer(グラバーリファー)の機能や特徴、メリット・デメリット、評判まとめ

「リファラル採用が初めてなので、どのように制度設計をすれば良いかわからない」
「人事部門にリファラル採用を行う余裕がない」
「社員が手間なくリファラル採用に取り組める仕組みを探している」

リファラル採用を行なっていると、このような課題に悩む人は多いと思います。しかしリファラル採用に特化したクラウドサービス「GLOVER Refer」を使えば上記の課題を解決することができます。

リファラル採用とは社員の繋がりを活用し、自社にマッチした人材を効率的に採用する方法です。社員が自社にフィットすると思われる人材を紹介することでマッチングの向上が期待できます。入社前に社内のコミュニケーションスタイルや上司の考え、企業内の習慣等を伝えることで入社後のミスマッチを防止できる採用方法です。

冒頭のような課題は、社内のリファラル採用に関するノウハウや人的リソースの不足が原因です。
それに対しGLOVER Referは一言でいうと、コンサルタントからのアドバイスを受けながら手間なくリファラル採用を実施できる伴走型のプラットフォームです。

GLOVER Referは大手総合人材サービス企業であるリクルートのコンサルタントがリファラル採用の制度設計を行います。また、選考フローに沿ったシステム設計や社員情報の登録などの初期設定も全てリクルートが担当します。GLOVER Referを利用すればノウハウや人的リソースが足りない状態でも、リファラル採用をスタートさせることができます。

ここでは機能やメリット・デメリット、評判についてご紹介していきます。

GLOVER Referとは。価格や機能について

GLOVER Referは株式会社リクルートキャリアが提供するリファラル採用の導入・促進サービスです。試験導入を経て2015年からGLOVER Referとしてリリースされて以来、150社・10万人の従業員に利用されているサービスです。

他社のリファラル採用サービスでは、社員が利用できるアプリやインセンティブの管理機能、すぐに転職を考えていない潜在転職者の情報を保管しておくタレントプール機能など、様々な機能が搭載されていますが、GLOVER Referにはこれらの機能は搭載されていません。

余計な機能を省き、社員への紹介依頼のメール送信機能と社員の活動状況の把握に特化したシンプルなプラットフォームが特徴です。

サービス名 GLOVER Refer
運営会社 株式会社リクルートキャリア
社員用のスマホアプリ ×
タレントプール※すぐに転職しない人材の情報を保管しておくデータベース機能 ×
応募者の選考管理 ×
インセンティブ管理 ×
社員の活動状況の管理・分析
費用 非公開

社員用のスマホアプリ

社員用のスマホアプリはありません。社員は人事から受け取った求人画面をメールやSNS等を利用して友人・知人に送信する必要があります。
求人画面はスマホ対応なので、受信者がモバイル端末で閲覧される場合でも表示上の問題は発生しません。

タレントプール

潜在的な転職者のデータを保管するタレントプール機能は搭載されていません。そのかわり応募者のデータは保管されるので、潜在的転職者を手動で分別し、データにタグ付け(フラグ立て)を行うことでタレントプールと似た機能を持たせることは可能です。

応募者の選考管理

応募者とシステム上で面接などの日程をやり取りすることはできません。ただし応募者がどんな求人に応募してきたか、いつ求人を受信して閲覧したか。現在の選考状況はどうなっているか等の進捗状況は可視化されています。

インセンティブ管理

紹介が多い社員や内定が出た社員へのインセンティブを管理する機能は搭載されていませんが、社員のデータベースに紹介数や応募数、内定数などの進捗が登録されています。そのデータを元に誰に、どのようなインセンティブを提供するかという情報を管理することは可能です。

社員の推薦状況を管理・分析

社員ごとに求人の紹介数や応募者の受信・閲覧状況、応募状況や内定状況が確認可能です。またリクルートのコンサルタントから自社の分析に必要なサーベイ(アンケート項目)の設計やサーベイシステムの提供、社員から寄せられた上のうの分析と、その後の社員へのアクションプランの提案が行われます。これにより人事部署に人的リソースが無い場合でもリファラル採用の分析・改善が可能です。

費用

料金は公開されていないので、直接問い合わせる必要があります。

GLOVER Referの登録・使い方

GLOVER Referを利用する場合にはWebサイトから問い合わせを行い、ログインに必要な情報を登録する必要があります。
ただし初期設定はリクルートのコンサルタントが行ってくれるので、登録の完了後にログインして求人画面を作成し、メールで社員に求人画面を送信します。

社員が仕事を紹介する場合には、人事から受け取ったメールに記載されている求人画面用のリンクをSNSやメッセージツールで送信するだけで紹介と応募受付が完了します。

GLOVER Referの評判

一例ですが、利用者の評判をご紹介します。

・GLOVER Referを使えば、メンバーにURLを発行するだけでリファラルリクルーティングのすべてを管理することが可能です。正直、「組み立て方次第では、いろいろな使い方ができるな……」と思いました。

・職種ごとの応募数にバラつきがほとんどなかったことです。むしろ、エンジニアの方々の応募が多い形になりました。採用市場のトレンドに左右されることなく、社内の協力者に応じてエントリー職種が変動していく結果になったのは大きな気づきでした。

【参考URL】
https://liginc.co.jp/184701

GLOVER Referのメリット

リファラル採用を行うためのリソースやノウハウが無い状況でも実施できる

リクルートのコンサルタントが自社にあった制度の設計・初期設定から運用中の状況分析、改善案の提出までを行います。従ってリファラル採用に関するノウハウや人的リソースが不足している状態でもリファラル採用を実施することができます。

社員の求人紹介ステップを通常の1/5に削減できる

通常は社内求人の募集状況を調べて友人に紹介し、求人に興味を持ってもらえたら友人の情報をデータ化して人事に報告するというステップが発生します。しかしGLOVER Referの場合は人事から送られてきたURLを送信するだけで紹介や応募受付が完了しますので、社員の負担を大幅に削減できます。

GLOVER Referのデメリット

アルバイト採用には向かない

GLOVER Referを利用する場合、社員情報の登録や求人情報の伝達はメールで行います。アルバイトなど人員の出入りが激しい職種の場合はメールアドレスの付与や社員情報の登録を行うことが現実的ではないので、メールを主体とした情報伝達に向いていません。
また社員向けのアプリが無いのでアルバイトが求人情報を入手したり、求人を紹介する手段が整えられていません。従ってアルバイト採用には不向きといえます。

社内での効果検証や改善策の立案に向いていない

GLOVER Referはリクルートのコンサルタントによって現状分析や改善案の立案が行われます。しかし紹介に成功している社員の要因分析や部署ごとの進捗確認といった分析機能が充実していないので、社内で独自にリファラル採用の効果検証や改善を行う場合には情報が不足します。従って社内で主体的にリファラル採用を行う企業には向いていないといえるでしょう。

GLOVER Referをおすすめできる(できない)企業

  • 初めてリファラル採用に取り組む
  • 手間なくリファラル採用を進めたい
  • 社員の負担を極力抑えたい

このような企業だと考えます。
逆に、既にリファラル採用に取り組んできる企業には向いていないといえるでしょう。

冒頭でお伝えしたとおりGLOVER Referを使うことで社員・人事の負担なくリファラル採用を行う仕組みを構築できます。そのため、初めてリファラル採用を行う企業や、コンサルタントからのアドバイスを受けながらリファラル採用を進めていきたい方におすすめです。

-未分類

Copyright© ビジネスバスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.