ビジネスの課題をやっつけろ!

ビジネスバスターズ

MOCHICA(モチカ)の機能や特徴、メリット・デメリット、評判まとめ

「採用担当の人数が足りず、アウトソーシング会社に日程調整や電話対応を依頼しているがコストがかかる」
「コスト削減に効果的な採用管理システムを探している」
「業務を自動化することで、事務作業を省力化したい」

採用活動を行っていると、応募者の数だけ説明会や面接の日程調整を行う必要があります。数人の採用担当で千人単位の応募者に対して面接の日程調整などの連絡業務を行っていると、このような課題に悩む人は多いでしょう。
しかしLINEを活用した採用管理システム「MOCHICA(モチカ)」を使えばこのような課題も解決することができます。

上記のような課題は、採用管理システムを活用して業務を省力化できていないことが原因です。それに対しMOCHICA(モチカ)は一言でいうと、LINEを活用して日程調整などの連絡業務を自動で行ってくれる採用管理システムです。

MOCHICA(モチカ)はチャットボットで自動的に応募者との面接の日程調整を行う機能や、メールやLINEメッセージの自動配信機能、選考結果の自動通知機能など、省力化に活用できる機能が搭載されています。

ここでは機能やメリット・デメリット、評判についてご紹介していきます。

MOCHICA(モチカ)とは。価格や機能について

MOCHICA(モチカ)は株式会社ネオキャリアが提供する採用管理システムです。株式会社ネオキャリアは求人メディアの運営や採用支援、人材派遣・紹介などを行う総合人材サービス企業です。医療や看護の分野に強く、アウトソーシング事業やシステム開発まで、幅広い業務を行なっており、近年は人事業務システムや採用管理システムの開発・提供を行なっています。

サービス名 MOCHICA(モチカ)
運営会社 株式会社ネオキャリア
採用ページ作成 ×
外部求人サイトからのデータ取り込み
応募者管理
選考管理
エージェント管理 ×
採用レポート作成 ×
タイプ クラウド型
費用 月額5万円~

採用ページ作成

専用の採用ページや応募受け付けフォームの作成を行うことはできません。求人情報や企業紹介、社員紹介などのコンテンツを通して応募者への情報提供や志望度アップを図る場合には、別途求人サイトに掲載する、採用ページを自前で立ち上げるなどの対応が必要です。

応募者管理

就職イベントや説明会などに参加した学生の情報を取得するために、会場にQRコードを設置しておけばその場で学生の情報をMOCHICA(モチカ)に登録させることが可能です。応募者の情報は一覧で表示され、採用担当者ごとに応募者を管理することも可能です。LINEから登録してきた学生も本名で登録できるので、LINE登録名から本名を判別できなかったり、名前を間違える心配はありません。

外部求人サイトからのデータ取り込み

外部求人サイトから応募者のデータを一括して取り込むことが可能です。リクナビやマイナビのデータは加工なしでそのまま取り込むことができます。ただし、自動取り込みの機能が搭載されていないので、その都度外部求人サイトから応募者データを取り込む必要があります。

選考管理

面接や説明会の日程調整はLINEのチャットボット機能を利用することで自動的にやり取りすることが可能です。
面接官にMOCHICA(モチカ)のログイン権限を付与することで、応募者の評価を行うことができます。選考後には結果に合わせて自動的にメッセージを送信することができるので、合否に関わらず評価が済めばすぐに応募者に対して次の選考の案内を送ることができます。また、応募者の履歴書や画像、動画など選考に使用する様々なデータを格納することが可能です。

エージェント管理

MOCHICA(モチカ)を使って求人情報を人材紹介会社のエージェントに送付することはできませんが、エージェント用のログイン権限を付与することで応募者の選考状況を共有することができます。

採用レポート作成

専用の採用レポートを作成して、分析や振り返りを行う機能は搭載されていません。代替機能として、ログイン後に最初に表示されるダッシュボードで応募者の選考進捗の確認を行うことができます。

費用

MOCHICA(モチカ)を利用する場合は3ヶ月単位で利用が可能です。3ヶ月・6ヶ月・年間の利用プランがあります。初期費用は無料で、最短期間である3ヶ月パックの月額利用料は6万円からです。ただし、別途でLINE@プロAPIプラン(32,400円)の申込が必要です。

MOCHICA(モチカ)の登録、使い方

MOCHICA(モチカ)を利用する場合には、MOCHICA(モチカ)のWEBサイトより申し込みを行い、LINE@のアカウントを取得します。LINE@のアカウント登録日に合わせてMOCHICA(モチカ)のアカウントも発行されます。アカウント発行後にログインし、MOCHICA(モチカ)を利用します。導入にあたっては導入担当のサポートがあるので、LINE@の運用に慣れていない場合でもサポートを受けながら登録を進めていくことができます。

また、MOCHICA(モチカ)が公開している、LINEを使った採用に関する学生へのインタビュー動画が公開されているのでご紹介します。

MOCHICA(モチカ)の評判

・LINEでのコミュニケーションに切り替えたことで、即座に応募者が対応しやすい形でコミュニケーションを行うことができるようになりました。
24時間自分のスキマ時間で簡単に面接の調整をできるためか、これまではエントリーからの面接率が40%前後だったところが55%にまで改善しました。

・自動設定で通知やリマインドにかけていた時間は大幅削減できたのはもちろん、セミナーの予約率も20%以上改善!学生側も直接の電話等よりもアクションしやすかったようです。

【参考サイト】MOCHICA(モチカ)公式サイト

チャットコミュニケーションツール_MOCHICA

MOCHICA(モチカ)のメリット

チャットボットで自動的に応募者とやり取りができる

LINEのチャットボット機能を利用して、面接や説明会の日程調整が可能です。これまでは選考が進むごとに担当者がメールや電話で何度もやり取りを行う必要がありました。しかしチャットボットを使用すれば面接の日程調整を自動で行うことができるので、採用担当者の業務負担を大幅に減らすことができます。

内定者フォローにも活用できる

内定者とのコミュニケーションにもLINEを活用できるので、内定者フォローの専用サイトなどを導入する必要がなくなります。日程調整機能を使えば内定者研修会や懇親会の日程も自動で調整できます。またメールと違って双方向でコミュニケーションが取れるので、内定辞退の兆候を早めに掴み、フォローすることも可能です。

MOCHICA(モチカ)のデメリット

採用ページの作成機能がない

MOCHICA(モチカ)には採用ページの作成機能が搭載されていないので、企業情報や採用情報、社員紹介などのPRを行う場合に別途で採用ページを作成する必要があります。結果的にページ作成に伴う手間や費用面の負担を行う必要があります。

採用活動の振り返りに向かない

採用レポートを作成する機能が搭載されていないので、採用活動の振り返りを行うためには、採用の進捗に合わせて自らデータを集める必要があります。データを分析して翌年以降の採用活動に活かすためのツールとして採用管理システムの導入を考えている場合には向いていないでしょう。

MOCHICA(モチカ)をおすすめできる(できない)企業

  • アウトソーシング会社に日程調整などの業務を依頼している
  • コスト削減に効果のある採用管理システムを探している
  • 業務を自動化して、事務作業を省力化したい

このような企業だと考えます。
逆にアウトソーシング会社に依頼するほどの規模で採用活動を行っていない会社は向いていないといえるでしょう。

冒頭でお伝えしたとおり、MOCHICA(モチカ)を使うことで、アウトソーシング会社に依頼していた電話対応や日程調整などの連絡業務を自動化することができます。したがって、連絡業務の自動化と省力化に繋がる採用管理システムを探している方におすすめできます。

-未分類

Copyright© ビジネスバスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.