ビジネスの課題をやっつけろ!

ビジネスバスターズ

next≫(ネクスト)の機能や特徴、メリット・デメリット、評判まとめ

「応募者と連絡を取る機会を増やして応募意欲を高めたい」
「合同企業説明会や学内セミナーからの説明会参加率を高めたい」
「説明会や面接の無断キャンセルを減らしたい」

新卒採用では志望度が低い学生からの応募も多く、説明会や面接への参加率が低い場合や、当日の無断キャンセルも数多くあるので、このような課題に悩む人は多いでしょう。
しかしLINEを活用した新卒向けの採用管理システム「next(ネクスト)」を使えばこのような課題も解決することができます。

上記のような課題は、メールや電話などのやり取りでは応募者と関係性を深め、志望度を高められないことが原因です。それに対しnext≫は一言でいうと、応募者と密に連絡をとり、志望動機や参加率を高めることができる採用管理システムです。

next≫は1to1機能や自動応答機能やシナリオ機能、プレミアムリッチメニューなど、応募者との密な連絡や定型的な連絡業務を省力化できる機能が搭載されています。

ここでは機能やメリット・デメリット、評判についてご紹介していきます。

next≫(ネクスト)とは。価格や機能について

next≫は株式会社アローリンクが提供する採用管理システムです。株式会社アローリンクは新卒をメインとした採用コンサルティング業務や就活生向けの情報サイト、就活マッチングカフェなどの運営を行っています。社内の発案からLINEを活用した採用管理システムnext≫の開発・提供を行っています。

サービス名 next≫
運営会社 株式会社アローリンク
採用ページ作成 ×
外部求人サイトからのデータ取り込み
応募者管理
選考管理 ×
エージェント管理 ×
採用レポート作成
タイプ クラウド型
費用 月額39,800円〜(初期費用100,000円)

採用ページ作成

専用の採用ページや応募受け付けフォームの作成を行うことはできません。代わりにLINEのトーク画面でリッチメニューを作成することができます。この機能を活用することで企業情報や社員情報などのPRを応募者に紹介することが可能です。「シナリオ配信機能」で登録者には自動で順番に志望動機を高めたり、説明会の案内メールを送信することが可能です。

応募者管理

next≫には応募者情報を保管するデータベースが存在します。「友達リスト」と呼ばれる応募者管理画面ではLINEだけでは取得できない学校や住所、自己PR文などを登録することができます。また、履歴書の登録や顔写真の登録も可能です。

外部求人サイトからのデータ取り込み

外部求人サイトから応募者のデータをCSV形式で取り込むことが可能です。取り込んだデータごとにタグ付けを行うことで、取り込み日時やどの外部求人サイトからの応募かを把握することができます。

選考管理

next≫には選考管理に特化した機能は搭載されていませんが、LINEの自動応答機能を使うことで面接の日程調整を行うことが可能です。また、配信予約機能で選考結果の通知や次回面接の案内を行うことができます。ただし、選考結果を入力する機能が搭載されていないので、選考結果を別途記録しておく必要があります。

エージェント管理

人材紹介会社のエージェントに求人情報を送付したり、権限を付与して応募者の管理を行うことはできません。人材紹介会社に求人紹介を依頼する場合には、個別に依頼する必要があります。

採用レポート作成

next≫は「アナリティクス機能」が備わっており、登録者の行動を分析することができます。リッチコンテンツなど、各種ボタンのタップ数やタップ率、外部URLへのタップ率も集計可能です。リンク先の滞在時間も計測できるので、どのコンテンツに応募者が興味を持つか、内定者の行動傾向がどのようなものであるかを分析することが可能です。

費用

next≫を利用する場合はスタンダード(39,800円/月)とプロ(69,800円/月)の2つのプランから選択します。スタンダードに比べてプロはセキュリティが充実しており、自動配信やレポート機能など様々な機能が追加されています。また、30日間の無料トライアルが可能なので実際に使用してみて導入の可否を検討することができます。

next≫(ネクスト)の登録、使い方

next≫を利用する場合には、next≫のWEBサイトより申し込みを行い、ログインURL、IDとパスワードが発行されます。リッチメニューやシナリオ配信は登録時から設定されているので、ログイン後すぐに利用が可能です。またログイン後の操作についてはサポート体制が整っているので、安心して使用することができます。

また、next≫のサービス概要をご紹介する動画をご紹介します。

next≫(ネクスト)の評判

・これまでは電話に出ない就活生に何度も電話をかけ続けるのが結構苦痛でした。next≫だと学生からのLINEブロックが分かるので、それもかなり有難かったですね。さすがにブロックされている学生に電話をかける意味はあまりないと思うので。こういったサイレントの離脱が目に見えるのも、業務効率的はすごく助かっています。

・next≫はできることが多すぎるので、結構最初は戸惑いました。予想していたよりもスムーズに導入できました。思い付かないような機能の組み合わせについては、サポートの方に具体的にその都度教えていただきました。最初の方は毎日連絡していましたね。要望を伝えている最中に、その場で修正してくださることもあったので本当に助かりました。

・結論、単純にLINEやLINE@だけを入れるのは、色々ハードルが高いなと。
やはり採用用にパッケージ化された商品じゃないと、と調べていたところ、ちょうどアローリンクのLINE採用の講座があったので参加しました。そこで担当者とお話をして、ここだったらしっかりフォローしてくれるだろうと思い、next≫を選びました。

【参考サイト】next≫公式サイト
https://line-next.com/blog/archives/category/case

next≫のメリット

複数のリッチメニューで相手に合わせたコンテンツの提示が可能

LINEのトーク画面に表示されるリッチメニューを相手に合わせて表示させることが可能です。これにより、説明会参加前や参加後、選考中や内定後など時期に合わせて必要なコンテンツを表示することが可能です。これにより、相手に必要な情報を適宜提供し、志望動機を高めていくことが可能です。

1to1トークにより個別の連絡を気軽に取れる

通常のLINEと同じように1対1のコミュニケーションを取ることができます。メールや電話のように堅苦しいやり取りを省略できるので、より採用担当者と応募者の関係を深めることができます。採用担当者の人間的魅力により採用活動を成功させている企業にとっては、更に担当者の採用力を上げることができます。

next≫(ネクスト)のデメリット

選考管理機能が弱い

選考管理機能が弱く、募集している職種や居住エリアなどの採用対象ごとに応募者を管理することができません。「タグ」という機能を使うことで代替機能を果たすことができますが、選考管理機能が標準装備されている採用管理システムに比べると機能的に足りていないといえるでしょう。

複数面接官での採用活動に向かない

next≫は選考管理機能が弱く、面接結果を入力するフォームが用意されていません。面接官が数人の場合は口頭やメールでの申し送りで対応できますが、面接官が多くなると申し送りが煩雑になるため、複数の面接官が採用活動に携わる場合には向いていないといえるでしょう。

next≫(ネクスト)をおすすめできる(できない)企業

  • 採用担当者が応募者と頻繁に連絡を取ることを重視している
  • 説明会や面接の参加率を上げ、無断キャンセルを防止したい
  • 面接官の人数が多くない

このような企業だと考えます。
逆に面接官の人数が多く、説明会や面接の参加率がもともと高い企業には向いていないといえるでしょう。

冒頭でお伝えしたとおり、next≫を使うことで応募者と連絡する機会を作り、接触機会を増やして志望度を高めていきます。したがって、応募者と密に連絡をとり、志望動機や参加率を高めることができる採用管理システムを探している方におすすめできます。

-未分類

Copyright© ビジネスバスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.