ビジネスの課題をやっつけろ!

ビジネスバスターズ

ネクストエンジンはどんな企業に向いている?機能、特徴とメリット・デメリットと評判まとめ

「自社EC、楽天、Amazonなど複数のサイトで商品を販売している」
「それぞれのECサイトのシステムで商品登録・受注作業をするので手間がかかる」
「在庫管理・売上分析などを全ECサイト合わせて統合的に行いたい」

EC事業の中には、特定のサイトだけではなく自社ECや楽天、Amazon、ヤフーショッピングなど複数のECサイトに出店している事業者も多いでしょう。このような事業者の悩みのタネとなるのが複数モールをどのように管理するのかということです。ECの出店先が多いほど商品登録作業が多くなりますし、受発注作業もそれぞれのシステムで行わなければなりません。また、在庫も複数店舗で共有しているので、管理が難しくなります。

このようなときに便利なのが「ネクストエンジン」というECサイトを一元管理できるシステムで、導入することによって在庫管理、受注業務、商品登録などの業務をネクスエンジンで一元的に行えます。

  • ECサイトの数だけ商品登録をしなければならない→ネクストエンジンで商品を登録して全ECサイトに反映
  • 各ECサイトに在庫情報入力しなければならない→複数サイト間で在庫情報を共有
  • 他にも決済、受注作業、送り状発行などさまざまな業務が一元管理可能

「ネクストエンジン」は一言でいうと「複数ECサイトが一元管理」できるクラウドサービスです。

今回ネクストエンジンの機能や特徴、メリットやデメリットを解説します。

ネクストエンジンとは。価格や機能について

ネクストエンジンはHamee株式会社が提供するECサイト一元管理システムです。

ECで業績を上げるためには自社サイトだけではなく、ECモールにも並行して出店するケースが多いです。

この際に各サイトを一元管理するためのシステムがネクストエンジンです。ネクストエンジンは対応しているカートシステム、モールの数が多く、統合できる機能も受注、在庫、商品登録、送り状、決済など多岐に渡ります。

実際にネットショップを運営している会社が制作したシステムで現場に即した機能が盛り込まれているので、EC事業の業務効率化のための頼もしいシステムだと言えます。

サービス名 ネクストエンジン
運営会社 Hamee株式会社
受注管理
商品登録・管理
在庫管理
倉庫連携
分析機能
タイプ クラウド型
費用 月額10,000円~(企業ごとに変動)

受注管理

複数のECモールに出店している場合、送り先の氏名・住所・注文した商品などは各システムにログインしないと閲覧できませんし、各案件の進行状況の管理は各システムで行います。

もちろん、案件によっていちいちシステムを切り替えなければならないというのはミスの原因にもなりますし、業務効率も低下します。

ネクストエンジンを使用すれば、各システムにログインする必要なく全ての受注情報をチェック、進行状況も管理できます。

商品登録・管理

ネットショップの運営業務において意外と手間がかかるのが商品登録作業です。取扱商品点数が多いほど立ち上げ時の作業は増大しますし、商品の入れ替わりが激しいと日常の商品管理作業も増えます。

そして管理しているサイトが多いほど、同じ商品でも別システムを使って登録しなければならないので手間が掛かります。

ネクストエンジン上で商品登録すれば、それが管理している全サイトに反映されるので、商品登録・管理の手間を大きく削減できます。

在庫管理

複数ECを運営する上で難しいのが在庫管理です。あるECサイトで商品が売れた場合、そのサイトのシステムでは在庫状況は反映されますが、他のサイトでは在庫状況が反映されません。よって、在庫をきちんと管理していないとチェックしていなかったサイトで欠品商品に注文が入ることも予想されます。

ネクストエンジンを利用すれば、システム上で在庫を一元管理できるので、在庫更新の手間が削減できますし空いた時間で他の業務が行えるようになります。

倉庫連携

サイト運営をしている部署と倉庫の部署が物理的に離れている、あるいは外部倉庫に入出荷を委託している場合は、EC運営側と倉庫側のコミュニケーションが重要になります。

ネクストエンジンを利用すれば、対応している倉庫管理システムと連携してスムーズに入出荷の指示を出せます。また、入出荷指示に必要な汎用的なデータを出力できるので、システムとして連携していなくても、事実上さまざまな倉庫管理システムと連携可能です。

分析機能

多店舗間の売上・在庫・商品・卸先分析が可能となります。複数のECサイトを利用している場合、各ECサイトの実績を出力して、全データを統合してから分析しなければならないので手間がかかりますが、ネクストエンジン上にすべてのデータが揃っているので分析の手間がかかりません。

これらのデータを分析することによって、EC事業の売上アップ、在庫最適化などが期待できます。

費用

無料トライアルの期間が30日間あるので、一度使用してから本格導入するか否かを検討できます。

利用料金が月額基本料金10,000円からです。実際の料金は毎月の受注件数とオプションによって変わります。

基本料金で処理できるのは400件までで、401件から1,000件までは1件あたり25円、1,001件から3,000件までは1件当たり20円と受注件数が多くなるほど料金も増加します。

また、POS連携、送り状連携、決済連携など選択するオプションによっても値段は変動します。

ネクストエンジンのサイト上から見積もりが取れるようになっているので、受注件数の目安と必要なオプションについて明確にした上で見積もりをとると良いでしょう。

ネクストエンジンの特徴

ネクストエンジンにはECサイト一元管理システムとして色々な機能があることは説明したとおりですが、他にもネクストエンジンならではの、「連携しているカート・モールが豊富」「一元管理システムとして多くの企業が導入している」という特徴があります。

それぞれの特徴について解説します。

連携しているカート・モールが豊富

ネクストエンジンは、楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなど20近くのモールと連携可能、対応しているカートも20近くになります。ECサイトで使用されているメジャーなモールやカートについてはほぼ対応していると考えて良いでしょう。

カート・モールの他にも電話・FAX注文の管理にも対応しているので、卸売り業務を行っている企業でも利用可能です。

一元管理システムとして多くの企業が導入している

2018年4月時点で25,000社以上がネクストエンジンを導入しています。

導入している企業のジャンルは多岐に渡り、ネスレのような有名外資企業、日本食研のような東証一部上場企業もネクストエンジンを使用しています。商材も雑貨のようなものからBtoBで取引されるような建材まで多岐に渡ります。

商材のジャンル問わず使用できて、大手企業も使う程完成度の高いシステムだと言えます。

ネクストエンジンの評判

ネクストエンジンの利用者の評判を紹介します。

  • 始めて導入する場合どこのソフトにしようか迷うと思いますが、とりあえずネクストエンジンを選べば大きく失敗することはないでしょう。
  • 主要モールにも概ね対応しており機能がシンプルなので使いやすいです。
  • 他のシステムと比較して、頭一つ抜けて完成度が高いのが本システム。複数モール間の在庫連携機能はもちろん、受注処理が簡略化させる各機能がそろっているので日常業務が効率化される。
  • 同時に売れてしまって在庫がなくなった場合など、お客様にも迷惑がかかり、自分たちの作業にも支障が出る。自社倉庫との在庫連携が出来て手間が減りました。
  • 受注の処理をAPIを使って一括で管理できるため、店舗売上の分析や売上向上にも役立ちます。
  • ネクストエンジンの設計思想が伝票の1件1件をいちいち見ないノールック受注で処理効率を上げることなので、それにマッチするネットショップは大きなメリットが得られると思います。

ネクストエンジンの評判

1番多い意見としては「複数カート・モール間で在庫、受注処理などさまざまな業務が一元化できるので、たくさんの案件処理できるようになった」という意見で、ネットショップ経営しているHameeだからこそ痒い所に手が届くシステムになっていると考えられます。

ネクストエンジンのメリット

少人数でたくさんの案件を処理できる

受注、在庫管理、商品登録などさまざまな業務が一元管理できるようになるので、少人数でたくさんの案件を処理できるようになります。少人数でたくさんの案件を処理できるということは1件あたりの処理に必要なコストが低くなるので収益力のアップにつながります。

ECサイトの立ち上げ・管理が効率化できる

ECサイトの立ち上げや管理でネックになるのが商品登録・管理ですが、ネクストエンジンを利用すれば、すぐに商品登録・管理が可能となります。

すぐに商品登録・管理ができることよって、迅速に色々なショップに出店できますし、新商品の登録が遅れることによって発生する販売の機会損失を防ぐことができます。業務効率化だけではなく、スピード感のある店舗運営による売上アップ効果も期待できます。

ネクストエンジンのデメリット

従業課金でコストが発生

従量課金なので受注件数が多くなるほど利用料金が増大します。よって、大規模なEC事業になると自前でECサイト連携システムを持った方が良いケースも考えられます。

ただし、年商10億円程度であれば既製品のカートとネクストエンジンを連携させた方が導入費用・管理の手間も削減できるでしょう。

一部システムに対応できないこともある

ほとんどのカート・モールには対応していますが、一部システムに対応できないこともあります。たとえば、BASEには2019年10月時点で未対応です。

また、既製品のECカートを利用せずに、オリジナルでカート込みのネットショップを構築している場合にも対応困難だと考えられます。

ネクストエンジンがおすすめできる(できない)企業

「自社EC、楽天、Amazonなど複数のサイトで商品を販売している」
「それぞれのECサイトのシステムで商品登録・受注作業をするので手間がかかる」
「在庫管理・売上分析などを全ECサイト合わせて統合的に行いたい」

冒頭でお伝えしたとおり、「ネクストエンジン」は一言でいうと「複数ECサイトが一元管理」できるクラウドサービスです。

なのでネクストエンジンを導入すると効果がある企業は

  • 複数ECサイト・モールを効率的に管理したい
  • スピード感のあるECサイト運営で売上を増やしたい
  • 少人数でたくさんの案件を処理して利益率アップを目指したい

です。自社ECとモールを組み合わせて売上拡大、利益向上を狙う企業にとっては効果がありますね。逆に、単店でEC事業を行う、受注件数が少ない場合は向いていないでしょう。

-未分類

Copyright© ビジネスバスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.