ビジネスの課題をやっつけろ!

ビジネスバスターズ

採用一括かんりくんの価格や機能、使い方とメリット・デメリット、評判まとめ

人材採用の分野において導入が進んでいる採用管理システム(ATS)ですが、各サービスにより機能や特徴が異なるので、どれを選べば良いか分からないという悩みを持つ方も多いと思います。

今回ご紹介する採用一括かんりくんは主に新卒採用を行なっている企業に向いている採用管理システムです。
求人サイトの運営、外部の求人サイトからの自動データ取り込み、適性検査の実施、内定者フォローまで一つの採用管理システムで完結できます。

特に新卒採用の特徴である内定者フォローは定期的に内定者とコンタクトを取り、社員との交流会や課題の提出を通して入社意欲を高めるような取り組みが必要です。こうした半年以上におよぶ内定期間のコミュニケーションツールとしても活用できるので、特に新卒採用を主としている企業にはメリットが多い採用管理システムといえます。

ここでは機能やメリット・デメリット、評判についてご紹介していきます。

採用一括かんりくんとは。価格や機能について

採用一括かんりくんは株式会社Rootsが提供するクラウド型の採用管理システムです。Rootsは新卒向けメディアの「後期就活ナビ」と「女子就活ナビ」を運営しており、新卒採用の分野に強みを持つ人材情報会社です。

サービス名 採用一括かんりくん
運営会社 株式会社Roots
採用ページ作成 ◯(有料オプション)
外部求人サイトからのデータ取り込み
応募者管理
選考管理
エージェント管理
採用レポート作成
タイプ クラウド型
費用 半年契約550,000円 1年契約600,000円

採用ページ作成

採用ページはオプション(600,000円 取材・制作費込)を利用することで作成できます。制作したページの情報は採用一括かんりくんから編集が可能です。逆にオプションを利用しない場合は、独自で採用ページを作成して応募受付を行うか、外部求人サイトから応募者のデータを集めてくる必要があります。

外部求人サイトからのデータ取り込み

リクナビやマイナビ、パッションナビなど各種の外部求人サイトからの応募者のデータを自動で取り込むことができます。また、株式会社Rootsの提供する後期就活ナビや女子就活ナビを使用すると、応募者のデータはそのまま採用一括かんりくんに取り込まれます。

応募者管理

採用一括かんりくんはLINE@を使った応募者管理が可能です。
LINEは利用率が高く、レスポンスもメールに比べて早いのが特徴です。しかし採用担当の個人端末でLINEを使ってやり取りをするのはセキュリティの観点から妥当ではありません。採用一括かんりくんを使用すればセキュリティに守られたシステムからLINEを活用できるので、スムーズな情報伝達が可能です。

選考管理

通常、適性検査を行うには外部の適性検査のサービス会社から受験IDを取得して、それを各応募者に配布するという業務が発生します。
採用一括かんりくんは適性検査の分野で業界2位の「キュービック」という適性検査と連携しており、応募者や既に働いている社員に対して簡単に適性検査を受験させることができます。

優秀な社員と応募者の結果の比較や、データを蓄積した場合、自社に合う人材がどのような傾向があるかを把握できます。これにより応募者がどれだけ自社にマッチしているか、客観的なデータで判断することができます。

エージェント管理

人材紹介会社のエージェントに専用のIDを付与することで、通常はメールや電話で行う応募者の推薦や面接の参加予約をシステム上で受け付けることができます。

スレッド形式で推薦した応募者に関するやり取りも可能で、過去にその応募者に関してどのようなやり取りを行なったか、メールや電話でのやり取りに比べて簡単に再検索できるようになります。

採用レポート作成

どの求人サイトからの応募か、大学や応募時期はいつ頃かを分析できます。また、どの人材紹介会社からの推薦が採用に繋がっているかというエージェントの取引効果分析や、選考ステップごとの面接通過率など、様々な観点からの採用レポートが作成可能です。

採用一括かんりくんの評判

一例ですが、採用一括かんりくんの利用者の評判をご紹介します。

・人材紹介会社からの説明会参加受付やコミュニケーションが取りやすいシステムです。各候補者について長文対応可能なチャット機能がありますが、UIが優れているおかげで見やすいです。

・人事業務のオペレーションコストが圧倒的に削減できました。例えば人材紹介会社や候補者とのコミュニケーションコスト(回数×時間)がかなり高く、その多数が削減されました。

・操作がわかりやすくて簡単に使いこなせました。入社1年目の社員でも1週間で使いこなしていました。シンプルなUIで直感的に操作できるのが良いと思います。

・コスパと使いよすさが良く、徐々に機能が増えてきており、これからが楽しみです。

出典:ITreview
https://www.itreview.jp/products/saiyoikkatsukanrikun/reviews

出典:採用管理システム大全
https://www.jobinterview-efficient.net/tour/saiyo-ikkatsu-kanrikun.html

使いやすいUIやコスパの良さが採用一括かんりくんが評価されている要因といえるでしょう。

採用一括かんりくんのメリット

内定者フォローの機能が使える

採用一括かんりくんには内定者フォローの機能が備わっており、内定者と社員が交流するSNSや提出物管理、内定者アンケート、内定式や懇親会といったイベント出欠確認などの機能が備わっています。
ログイン頻度や内定者コミュニティへの積極性から内定辞退の可能性を可視化し、アラートを表示します。これによりどの内定者に注力してフォローすればよいかがすぐに判断できます。

オプションが豊富

採用一括かんりくんは基本契約をシンプルにしてコストを抑えています。しかしオプション機能が豊富なので必要機能だけにコストを投下することができます。こうしてカスタマイズすることで自社の採用プロセスに最適な機能を追加していくことができます。

採用一括かんりくんのデメリット

採用ページを作成するのにコストがかかる

多くの採用管理システムでは標準で採用ページを作成する機能が搭載されていますが、採用一括かんりくんはオプションで採用ページを作成する必要があります。オプションか求人サイトを使用する前提でのシステムなので、求人サイトを使用せずに採用活動を行いたい企業にとってはデメリットとなります。

短期間の採用には向いていない

契約形態が半年または1年単位なので、中途採用のように2?3ヶ月で採用活動が完了するプロジェクトに用いる場合は費用対効果が悪くなります。逆に通年採用を行なっている場合には費用対効果が良くなります。

採用一括かんりくんがおすすめできる(できない)企業

採用一括かんりくんを導入する効果がある企業は

  • 採用管理システムで全ての業務を完結させたい
  • 新卒採用を中心に採用活動を実施している
  • 求人サイトをメインに採用活動を行いたい

このような企業だと考えます。
逆に中途採用を主としている企業や短期間で採用活動を終わらせたい企業にはやや向いていないといえるでしょう。

このように採用一括かんりくんは新卒採用を主として採用を行っており、全ての採用業務を一つのシステムでまとめて行いたい企業に向いているシステムです。

-未分類

Copyright© ビジネスバスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.