ビジネスの課題をやっつけろ!

ビジネスバスターズ

slack(スラック)の価格や機能、使い方とメリット・デメリット、評判まとめ

「場所を問わず複数の社員と相互に連絡ができるようにしたい」
「企業や国などを超えて手軽にコラボレーションをしたい」
「文字だけのチャットにとどまらず、より伝わりやすい機能を使っていきたい」

今まで会社内のコミュニケーションと言えば、話すかメールでやり取りをするというのが一般的でした。

しかし、従来の方法では会社に戻らないと会議ができなかったり、一人一人にメールを送って進捗状況の報告をさせたりする必要があったため、帰社後や業務終了後に会議や報告書の作成を求めることになり、本来不要な残業を生み出す元となっていました。

ところが、slackが出てきたことで、国内や海外を問わず複数人が離れたところで会議をしているかのような双方向のコミュニケーションをとることが可能となりました。

  • 「チャンネル」と呼ばれるグループチャット機能により、複数対複数でコミュニケーションが取れるようになるので、お互いが離れたところにいても会議のように意見が交換できる
  • 海外の企業が運営していることもあり、世界中に利用者が多数いるため、海外の企業やメンバーとコラボレーションしやすい
  • プレビュー表示やログインステータスなどの豊富な機能があるので、文章のやり取りにとどまらず、相手に的確に伝えやすいように表現することが可能になる

slackを一言で言うと、「多様なコミュニケーションをを求める企業向けのチャットサービス」です。

今回slackの機能や特徴、メリットやデメリットを解説します。

slack(スラック)とは。価格や機能について

slackとは、Slack Technologies, Incが運営しているサービスです。海外の企業ということもあり、全世界対象で、1000万人を超えるユーザーがいる大手チャットサービスです。

サービス名 slack
運営会社 Slack Technologies, Inc
グループチャット機能
ログインステータス表示
ビデオ通話
ファイル共有
タスク管理 ×
外部サービス連携
プレビュー表示
電話サポート ×
費用 初期費用0円・月額費用0円~1,600円(1ユーザーごと)

グループチャット機能

Slackでは「チャンネル」と呼ばれていますが、複数人でチャットができる、最もよく利用される機能です。メンバーを招待することで自由なメンバー構成でチャットを行うことが可能です。

チャンネルは複数作成可能なので、案件別などの状況に合わせたメンバーごとに連絡を取り合うことが可能です。

また、スマートフォンアプリでも出ていますので、社外に出たときでもチャットに参加可能です。

ログインステータス表示

その人が現在チャット画面を開いているかどうか判別する機能を「ログインステータス機能」と呼ぶのですが、slackに関してはログインステータスが表示可能です。

これにより、誰がチャットを見ているかを確認できて、より的確な情報伝達が可能となります。

ビデオ通話

チャットだけでは伝わらない、かといって全員に召集をかけられないといったときのために、ビデオ通話機能があります。

該当する相手を選択して通話ボタンを押せば互いを見ながらの通話が可能です。
また、音声電話の機能もついています。

ファイル共有

ファイルを受け渡しするときには、今までなら共有ファイルサーバーなどにアップロードしていましたが、直接アップロードが可能です。ただし、容量はプランによって差があります。通常のプランですと5GB~20GBの容量となります。

タスク管理

slackにはタスク管理機能はついていません。コミュニケーション機能に重きを置いているので、タスクに関しては運用や外部サービスで対応するようになります。

外部サービス連携

slackでは、Gmailなどの外部サービスと連携して、「特定のメールが来たらチャットで通知を出す」といったことが可能です。

連携は選んでクリックすれば容易に導入可能ですが、連携サービス画面が日本語対応していないため英語が苦手な方は導入に苦戦するかもしれません。

プレビュー表示

twitterなどではURLを貼り付けて投稿するとサムネイル画像や内容がプレビュー表示される機能がありますが、slackでも同様にプレビュー表示が可能です。これによりつい流し読みしそうなチャットも目に留まりやすくなり、情報の伝達性能が向上しています。

電話サポート

調べた限りでは電話サポートには対応していませんでした。フォームからのお問い合わせのみになっています。

費用

「フリー」「スタンダード」「プラス」「Enterprise Grid」という4プランに分かれています。Enterprise Gridを除き、1ユーザーごとの月額料金制です。

フリープラン(月額0円)は、無料で使用できるプランですが、容量が5GB、アプリの連携数が10件に制限されています。また、メッセージの検索機能が直近の10,000件までとなっています。

フリープランは通常の料金プランに表示されておらず、ヘルプに掲載されていますので、有料プラン推奨なのかもしれません。

スタンダードプラン(月額850円)は、フリープランからアプリの連携数やメッセージ検索数の制限を取り、容量を10GBに増やしたプランです。

プラスプラン(月額1,600円)は、スタンダードプランに加えて、シングルサインオンなどのセキュリティ機能や、サポートの24時間対応などがついてきている高機能プランです。

Enterprise Gridプラン(金額非公表)は、「規制の厳しい業界や、非常に大規模で複雑な組織を持つ企業の皆さま向け」と公式でアナウンスしています。データ損失防止や専門チームによるカスタマーサクセスとありますが、具体的には営業担当からの説明となっています。

プランは多いですが、エントリーからハイエンドまで多様なニーズに対応しているのが特徴です。

slack(スラック)の登録、使い方

slackの登録はトップページ中央からメールアドレスを入力して「無料で試してみる」をクリックすれば簡単に登録可能です。

有料プランにする際には、ログイン後のメイン画面左メニューにある「アップグレード」から変更可能です。

また、slackの使い方に関して、公式がyoutubeにアップロードしています。

公式チャンネル上に他の機能についても解説されているのですが、これに関しては全て英語となっています。英語が得意ではない方は他の方がアップロードしている動画などを参考にされた方が良いかもしれません。

slack(スラック)の評判

slackの評判は以下の通りです。

  • 直感的に使いやすく、遊び心もあって活用するうえで抵抗を感じる部分がほとんどない。
    また、botの活用や他ツールと連携することで、リアルタイムなデータチェックや業務のスピードが上がり、仕事全体の効率も上がると感じている。
  • グループ作成やファイル共有等、コミュニケーションツールの基本的な機能がついていて、加えて他社ツールとの連携をしてカスタマイズが簡単にできる。
  • 外部サービス、例えばGoogleカレンダーと連携すればスケジュールが近くなったら通知が来るとか、SNSに投稿したものをSlack上に表示させることが出来る。
    もちろん様々なファイルを投稿することもできる。
  • タスク管理は出来ないので、プロジェクトの進行状況を把握するには報告が無いと可視化されないのがネック。
  • メンション付きのメッセージをタスクとしてチェックをしていても、稀にタスク漏れがあるため、チェックの優先度をつけることができると助かります。

ITreview slackの評判

評判を見ていて多いのが、外部サービスとの連携が便利というコメントでした。その一方でタスク管理機能がないことに関する要望も見受けられました。

slack(スラック)のメリット

チャット自体が多機能

先程の特徴でも解説したURLをプレビュー表示する機能があることや、エンジニア向けに色分けされたコードスぺニット(行数を明示して、コードを容易にコピーができる表示形式)の貼り付けが可能になっているので、チャットそのものが便利になっています。

海外の会社との連携も容易

slackが元々海外の企業なので、海外の企業とコラボレーションする際に相手側も導入しやすく、連携が取れやすいようになっています。

外部サービスとの連携が容易

他の連携ツールを用いなくても、slackから直接連携ができるため、他に費用が掛かったり、登録が必要だったりということがありません。

googleやtwitterなどと連携させることで、チャット上に特定条件の通知を流すといった活用法が可能です。

slack(スラック)のデメリット

タスク管理機能がない

機能説明や評判でも出てきましたが、タスクを管理する機能がないので、他のツールやサービスを利用して管理することになります。

外部連携が英語表記

外部連携が英語での表記で日本語に対応していないため、英語に抵抗感があると連携の操作に2の足を踏む可能性があります。

操作画面が初心者にはわかりづらい

特にアプリの画面において、日常的にデジタルツールを使用している人には問題ないですが、デジタルが苦手な人からしてみると別のチャンネルに移動したり、連携したアプリの画面に移動したりというところがわかりにくい可能性があります。

デジタルスキルに大きくばらつきのある企業は使用者が力尽きないようにサポートしたほうが良いかもしれません。

slack(スラック)がおすすめできる(できない)企業

冒頭でお伝えしたとおりslackは多様なコミュニケーションをを求める企業向けのチャットサービスです。

なのでslackの利用をお勧めする企業は、

  • 社内外問わず複数の社員と相互に連絡ができるようにしたい
  • 企業や国などを超えて手軽にコラボレーションをしたい
  • 文字だけのチャットにとどまらず、より伝わりやすい機能を使っていきたい

企業です。その一方で、デジタルツールが苦手な社員が多い企業には不向きと言えるかもしれません。

-未分類

Copyright© ビジネスバスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.