ビジネスの課題をやっつけろ!

ビジネスバスターズ

TeamSpirit(チームスピリット)の価格や機能(経費精算)、使い方とメリット・デメリット、評判まとめ


「経費精算・管理システムでTeamSpirit(チームスピリット)って名前聞くけど何ができるの?」
「他の経理系システムと何が違うの?」

経理精算のシステムを検討したとき確実に名前を1度は聞くのがTeamSpirit(チームスピリット)です。

日本製のシステムなのですが公式サイトや解説サイトみても「イマイチ何ができるのか、他の経費精算システムと何が違うのか分からない」と思う人も多いハズ。

ということで今回TeamSpirit(チームスピリット)について機能や値段と他社製品との違いを調べてみました。

TeamSpirit(チームスピリット)とは。価格や機能について

TeamSpirit(チームスピリット)は株式会社チームスピリットが運営するクラウド型グループウェアです。

「社内業務に必要な勤怠、経費、工数、稟議、SNS機能を一元化する」をコンセプトに

  • 勤怠管理・就業管理
  • 工数管理
  • 経費精算
  • 電子稟議
  • 社内SNS
  • 社員情報管理

といった機能があります。他社だと経費精算だけをパッケージしたシステムですが、チームスピリットはグループウェアとしての側面が強く、その中に経費精算が組み込まれているというイメージです。

またチームスピリットはセールスフォース・ドットコム社が提供するプラットフォームが基盤となっていて、TeamSpirit に関連した Salesforce の一部機能も利用可能となります。(別途Salesforceとの契約は不要)

サービス名 TeamSpirit(チームスピリット)
運営会社 株式会社チームスピリット
他社会計システムとの連携
領収書・レシートの代理入力orOCR(機械読み取り) ◯(OCR)
交通系ICカードとの連携ができるか(suica、PASMO、ICOCAなど)
クレジットカード(コーポレートカード)と連携
交通費、出張費、旅費申請・管理
承認フローの仕組み
電子帳簿保存法対応(e文書法)対応 ×
タイプ クラウド型
費用 TeamSpirit HR:初期費用250,000円~+月額900円/1ユーザ~(ユーザ数に対応した課金)

※費用はSalesforce App Cloud OEMの利用料金を含みます。(セールスフォース・ドットコムとの別途契約不要)

他社会計システムとの連携

会計ソフトに合わせてCSV出力して対応させることができます。

領収書・レシートの代理入力orOCR(機械読み取り)

OCR(機械読み取り)に対応しています。具体的には

領収書読み取り機能を搭載した専用アプリで領収書など画像を取り込み→アップロード&自動判(金額、取引先や受領日など)

され料金や仕分けを自動で入力してくれます。領収書画像はもちろん保存可能なので後述する電子帳簿保存法にも対応できます。

交通系ICカードとの連携(suica、PASMO、ICOCAなど)

交通系ICカード運賃を取り込めます。

交通系ICカードの利用履歴をもとに交通費の精算ができ、経路検索機能(駅探)と連携した交通費の自動計算を標準で装備しているため、入力の手間を大きく削減します。

定期区間の自動除外する機能もあります。申請した経路に定期区間が含まれていた場合、定期区間を除いた金額が表示されます。

クレジットカード(コーポレートカード)と連携

三井住友 VISA コーポレートカード限定ですが、カード会社から連携してコーポレートカードの使用日付、金額、利用先等の項目を自動で登録できます。

自動取り込みには対応しておりませんが、他のクレジットカードも、支払先として登録が可能です。

交通費、出張費、旅費申請・管理

出張旅費や交際費の精算にも対応し、事前申請から精算までをTeamSpirit上で完結することができます。申請時・精算時の金額差分表示も可能です。

承認フローの仕組み

一般的な

「社員が申請⇒上司が承認⇒経理担当者の精算・支払い処理」

というルートだけでなく運用に合わせてワークフロー(承認フロー)を自由に設定できます。

申請・承認・精算・仕訳・振込といった一連のワークフローをすべて電子化可能です。

電子帳簿保存法対応(e文書法)対応

現時点では非対応となっております。

TeamSpirit(チームスピリット)の価格。費用はユーザ数で計算

導入月は初期費用が必要で以降はユーザ数に応じた月額課金形式になっています

チームスピリットは3つのプランがあり、共通機能として勤怠管理・就業管理、工数管理、経費精算、電子稟議、社内SNS、タイムレポートがあります。コレに加えて

  • TeamSpirit→上記機能のみ
  • TeamSpirit HR→上記プラス社員情報管理と諸届ナビ
  • TeamSpirit Leaders→上記機能プラスプロジェクト管理、原価管理

という違いがあります。

TeamSpirit(チームスピリット)の登録、使い方、アプリからのログイン

チームスピリットは「salesforce」との連携を前提に作られています。

なのでチームスピリット用のアプリがあるのではなく、salesforceのアプリを使ってアクセスする形になります。

TeamSpirit(チームスピリット)の評判

TeamSpirit(チームスピリット)は100人以下の中小企業から1000人以上の大企業まで幅広く導入されています。

一例ですが実際TeamSpirit(チームスピリット)を使っている人からは

開発メンバーらに導入前に使い勝手を検証してもらったこともあり、「使いやすい」との評価が。そうした理由からか、出退勤打刻がよりスムーズに行われるようになり、締め日から大幅に遅れることなく勤怠管理情報が人事総務のチームに集約されるようになった。それにより、給与計算の業務に移るまでの日数が1?2日程度短縮できた。

と単純に経費精算システムというより業務用グループウェアとして価値を見出しています。

TeamSpirit(チームスピリット)のメリット

社内業務に必要な勤怠、経費、工数、稟議、SNS機能を一元管理できる

業務をシステム化する上でありがちなのがパーツごとに違う仕組みを作ってしまうこと。

勤怠はA社システム、経理はB社システム、案件管理はexcel、のような感じです。バラバラにするとシステム毎に操作を覚えないと行けないし連携も大変です。

その点チームスピリットは1つのサービスで全部提供されるのでこれ1つで事足ります。

TeamSpirit(チームスピリット)のデメリット

経費精算システムだけほしい、という人には向いていない

TeamSpirit(チームスピリット)はオールインワンパッケージです。なので経費精算システムだけほしい、と思っても他のシステムも合わせてついてくることになります。

「経費精算システム」単体で見ると価格が高め

で料金を見ると分かる通り初期費用と月額最低コストが結構高めです。これはsalesforceのライセンスが入ってるのとチームスピリットの全機能を提供してるためです。

既存で人事管理や案件管理を別なサービスで動かしていて経費精算システムだけほしい場合料金は高く付きます。

TeamSpirit(チームスピリット)がおすすめできる(できない)企業

TeamSpirit(チームスピリット)が合う企業は

  • 業務周りを1つのシステムで一元管理したい
  • 従業員数が多く経理周りをシステム化したい
  • これから組織を作るので新しいシステムを導入するのに抵抗がない

会社だと思います。向いてない会社は特にないのですが本当に数人の零細企業ならわざわざTeamSpirit(チームスピリット)を入れなくても管理は可能だと思います。

-未分類

Copyright© ビジネスバスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.