ビジネスの課題をやっつけろ!

ビジネスバスターズ

WordPress (ワードプレス)の価格や機能、使い方とメリット・デメリット、評判まとめ

「自社で記事の投稿や、機能の追加までカスタマイズしたい」
「最新の技術などを利用して目を引くようなデザインのホームページを作りたい」
「企業規模に併せてリニューアルできるようにしたい」

自社のホームページを持ち、そこから情報発信するということは、企業の広報戦略においては基本となりつつあります。しかし、様々なホームページ作成サービスや制作会社が多数存在することにより、どのようにしてホームページを作成すればよいか、と言うことで悩む方も増えました。

業者に言われる中で多いのが、「今回のサイトはWordPressで作成します。」ですが、そもそもWordPressが何かわからず、「他のサービスの方がいいのではないか」と不安になってしまうことも少なくありません。しかし、WordPressには以下のような利点があります。

  • 多彩なプラグインにより、クリック操作で手軽に多くの機能が追加可能
  • デザイン上の制限はないので、業者に頼めば完全オリジナルのデザインにすることが可能。また、テーマ(ひな形:テンプレートのようなもの)を変更することで自力でもデザイン変更が可能
  • 全世界で最も使用されているシステムなので、多くの業者が取扱可能。たとえ業者を変えるときでも問題なく業務を引き継ぐことができる

WordPressを一言で言うと、「コンテンツの更新が容易にでき、フルカスタマイズが可能な一番有名なホームページ作成システム」です。

今回WordPressの機能や特徴、メリットやデメリットを解説します。

WordPressとは。価格や機能について

WordPressとは、構成しているデータを全世界に公開しているオープンソースのホームページ作成システムです。デザインや機能など、ホームページを構成している要素をセットにした「テーマ」や、特殊機能を追加できる「プラグイン」を誰でも開発できることから、ホームページ制作に最も活用されているシステムとなっています。

サービス名 WordPress
運営会社 WordPress Foundation (開発元)
トップページのカスタマイズ 可能(専門知識が必要)
テンプレート使用 可能
ブログ機能
モバイル対応
ネットショップ機能 ◯(プラグイン使用時)
お問い合わせフォーム作成機能 ○(プラグイン使用時)
SNS連携機能 ○(プラグイン使用時)
レンタルサーバー 必要
専門知識(HTML、CSS) 不要(記事更新以外は必要)
電話サポート ×
費用 レンタルサーバーの使用料(月額1000円~2000円程度)

トップページのカスタマイズ

WordPressは記事を更新する分にはword感覚で非常に更新しやすいのですが、トップページに関しては専門知識が必須です。初歩的なHTML・CSSの知識があれば変更はできないことはないですが、業者に頼むのが無難です。

もしくは、業者に設計時にバナー配置用のゾーンをあらかじめ作成するように頼んでおけば、容易に設置することができるようになります。

テンプレート使用

WordPressはオープンソース(プログラムを全世界に公開すること)のため、全世界の様々な方がテーマファイルと呼ばれるデザインや機能がワンセットになったテンプレート群を作成していますので、テンプレートは数えきれないぐらいあります。

テーマを使用した場合、機能はそのテーマファイルによるので100%思ったようにするのは厳しいかもしれませんが、テーマを使用した場合、専門知識はほとんど必要ありません。
社内で自力作成したい場合でもテーマファイルを使用するのであれば十分可能です。

ブログ機能

元々WordPressはブログ機能をベースに作成されているので、使用しやすいようになっています。

また、記事の見出しなどを装飾することはよくありますが、そういった装飾方法もインターネット上にたくさん情報があります。その情報を参考にすることで、より自社サイトにあった装飾にすることも可能です。

モバイル対応

今ではパソコンよりスマートフォンで情報を集める人も多くなり、そのためモバイル用の画面に対応する必要があるのですが、WordPressモバイル対応が当然という形になっています。よっぽど古いテーマファイルを使用しない限りモバイル化されている状況です。

ネットショップ機能

WordPressでは「プラグイン」という追加機能があり、これにより様々なカスタマイズが可能となっています。

ネットショップ機能についても例外ではなく、専用のプラグインを組み込むだけで機能を追加できます。

ただし、プラグインで追加された機能をカスタマイズするには高度な専門知識が必要です。必要があれば専門業者に頼むのが無難です。

お問い合わせフォーム作成機能

お問い合わせフォームに関してもプラグインで簡単に実装可能です。
お問い合わせフォームの場合は用意されている機能が多いので、カスタマイズしなくても元々の機能で幅広く対応が可能です。

SNS連携機能

ホームページの内容をより多くの人にお伝えするためにもSNS機能の有無は非常に重要です。「コード(プログラムを構成する文字列)」を多少扱うことになりますが、コピー&ペーストで大丈夫なので、慣れてしまえば容易に設置することができます。

また、プラグインで容易に設置することも可能です。

レンタルサーバー

通常、ホームページに必要なファイルはサーバーに設置するため、レンタルサーバーを契約するのが一般的です。
WordPressではレンタルサーバーの設置は必須です。ただし、「簡単インストール」のような機能が大抵のレンタルサーバーについているので、実際の作業はそんなに多くありませんし、プログラムを触ることもありません。

専門知識(HTML、CSS)

ホームページを作成する際には本来「HTML」「CSS」と言った専門の言語を使用する必要がありますが、WordPressでは通常のコンテンツ追加に関しては必要ありません。

ただし、前述したトップページのカスタマイズなどをしようと思ったら必要になります。

電話サポート

WordPressは他のサービスと違い、開発元が最新の状況(ウィルスなどの不法なアクセスや最新技術の対応)に併せて大元のシステムを回収しているのみですので、電話サポートは受け付けておりません。

しかし、全世界で使用されていることから、検索すれば大体のことはヒットしますので、いざとなれば自力で調べることも可能です。

また、専門業者に頼めば容易に解決できることも多いので、電話サポートをしてくれる、もしくは不具合対応をしてくれる業者を見つけると良いかもしれません。

費用

WordPressにかかる費用は、基本的にレンタルサーバーと、ドメイン(独自ドメインを取得する場合)のみです。

レンタルサーバー代に関しては、会社やプランによって違いますが、アクセスが特別多いわけでは無ければ月額で1000円~2000円のプランが相場です。

アクセスが集まってきて処理しきれなくなった場合、多くのサーバーではそのままプラン変更が可能ですので、小規模なプランからのスタートがお勧めです。

また、独自ドメインを取得する際には、年間でおよそ2000円前後かかります(ドメインによって金額は多少変動があります)。

以上のことから月額費用は小規模なプランだと3000円に届かないぐらいですが、レンタルサーバーの良いところは「契約したサーバー内には、容量の許す限り何個でもホームページを作成できる」という点です。

自社ホームページだけでなく特設ページやアンテナサイトを作成するとなったときには1つ当たりのランニングコストはかなり安くすることができます。

WordPressの登録、使い方

WordPressに関しては開発、提供が主なため、動画は見つかりませんでした。

また、レンタルサーバーごとに導入方法がある程度違う為、それぞれのホームページに導入方法は書いていましたので、それに従うことになります。

一般論として、WordPressを作成するには以下の手順となります。

  • ドメインを取得する(レンタルサーバーの会社でも、他のドメイン事業者でも問題ない)
  • レンタルサーバーの契約を行う
  • ドメインにレンタルサーバーの情報を設定する(DNSと言う項目の「プライマリドメイン」「セカンダリドメイン」をレンタルサーバー指定のものに書き換える)
  • レンタルサーバー側で「WordPress簡単インストール」を行い、管理画面のユーザー名やログインパスワードを設定する

DNS(ドメインネームシステム)という言葉は馴染みがないと思いますが、設定の仕方は、検索窓に「○○(レンタルサーバー会社の名前) DNS」と入れて検索すると大抵のところは「ネームサーバーの設定」出てきますので、そちらを見れば大丈夫です。

文章にするとややこしいですが、レンタルサーバー各社のマニュアルに載っていますので、詳しくはそちらを参考にしてください。

WordPressの評判

WordPressの評判は以下の通りです。

  • 無料の範囲内で、企業のニュースリリース、お知らせ、セミナーの内容など記事の管理が容易に可能。UIもシンプル(それこそWordみたいなもの)なので、ITリテラシーが無くとも記事の作成・更新が可能
  • 豊富なプラグインやテーマにより、初心者でもブログ、Webサイトの構築が手軽にできる。
    様々なCMSがあるが今の所定番のものと言える。情報源も多いので、始めやすいと思います。
  • 手軽に始められる分、セキュリティやプラグイン同士の衝突など、注意しないと行けない点。勉強や自衛が必要とは言え、セキュリティ系はもう少し標準で強化してあってもよいのでは
  • セキュリティを担保するのが難しいですね

ITreview WordPressの評判

評判を見ていて多いのが、「豊富なデザインや機能が簡単に追加できる」という意見でした。
一方で、プラグインを入れすぎると誤作動の原因となったり、オープンソースゆえにセキュリティが心配になるという意見も存在しました。

WordPressのメリット

記事の更新が容易で、カスタマイズができる

文字の入力などはwordと大きく変わりません。そのことにより、日常的にwordなどを使用している方であれば、文章を抵抗感なく入力することができます。

また、画像の配置やレイアウト、強調表現の装飾など、多彩な表現が可能ですので、調べれば調べるほど作りこまれたコンテンツを表示することが可能です。

デザイン・機能が豊富

全世界でいちばん使われているだけあって、様々なデザインのテーマファイルや、最新機能を備えたプラグインなどが次々と作り出されています。そのため、簡単な操作でイメージしているホームページに限りなく近づけることが可能となります。

ネット上や業者で情報を簡単に得ることができる

最もメジャーなシステムならではですが、大抵のことはインターネットで検索をかければ出てきます。
また、それでもわからないときは業者に頼めばどの業者でも大体対応可能です。(マイナーなサービスだと提供元しか情報源が無かったりします)。

また、規模が大きくなった時にリニューアルしたい、と言ったときにもそれまでのデータを活かしつつリニューアルが可能です。どの業者に頼んでも、「それは自社で取り扱ったことがないので」と断られる可能性はほぼありませんので、いざというときにも安心ができます。

WordPressのデメリット

「プラグインの衝突」が起きることがある

オープンソースだからこその問題ですが、プラグインを作成している人はそれぞれ関係のない他人になります。
その為、Aさんが作ったプラグインがBさんの作ったプラグインに影響し、動作がおかしくなる、と言うことがあります。

その際の対応方法はネット上にたくさん上がっているのですが、まとめてプラグインを入れてしまうと原因がわかりづらくなるので、1つ1つ慎重に入れる必要があります。

検索に慣れていないと対処しにくい

ネット上に対応方法が色々と書いてあるのですが、裏を返せばうまく検索しないと必要な情報に行きつかない可能性があります。

そういった意味では比較的パソコンの扱いに慣れた社員に扱わせた方が良いかもしれません。

このようにデメリットはありますが、もし管理する業者にお願いする場合は、この手のデメリットはなくなると思って大丈夫です。

WordPressがおすすめできる(できない)企業

冒頭でお伝えしたとおりWordPressはコンテンツの更新が容易にでき、フルカスタマイズが可能なシステムなので、高品質なホームページを作成しつつも、自社の人間でコンテンツを更新することが可能となります。

なのでWordPressの利用をお勧めするのは、

  • オリジナルのデザインや機能でこだわったホームページを作成したい
  • 自社で記事の投稿や、機能の追加までカスタマイズしたい
  • リニューアルなどが簡単に行えるようにしたい

という企業です。自力で作ることが可能ですが、業者に頼むことで更に高クオリティのホームページを持つことも可能になります。

逆に、デザイン性や機能よりも手軽さやコストを重視する企業には向いていないと言えるでしょう。

-未分類

Copyright© ビジネスバスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.